ブラのサイズは意外と重要|自分の大きさを知ることが大切

パステルカラーがポイント

桜

品は式典による

小・中学校の卒業式にダーク色、入学式はパステル色のスーツを親御さんが着用するのが一般的です。入学式はおめでたい意味合いから、ベージュ・ピンクなどのパステル色で明るさを出し、お別れの意味が深い卒業式ではブラック・ネイビーなどのダーク色を着用するのがマナーです。入学式はセミフォーマルが基本で、卒業式とは異なり、肌の露出を避けた膝下丈のスカートが主流です。特に、園児や小学生となる幼さの残る年齢のお子さまの入学式では、親御さんのパンツスタイルは格式が有り過ぎると言う意味で避けられています。もちろん、地域性や学校などの風習などもあるため、中学・高校などでは式典感が強く出るために親御さんの服装は華やかさよりも、大人の品でパンツスタイルも受け入れられています。着回しができるように、ワンピース・スカート・パンツ・ジャケットなど、4点セットのスーツを選んでおくこともポイントです。その日の天候など、TPOに合わせられます。また大学の入学式を控えている女性もスーツを着用するケースがあります。就職活動などに活用できるリクルートスーツを新調するケースが多いものの、おめでたい式典ではインナーを変えることがマナーです。冠婚葬祭にも使え、可能な限りは華やかな印象を心がけて選びます。シャツの色はピンク・ブルーなどですが、オフホワイトはビジネス感になりやすく、選び方としてはフリルやリボンで華やかさを演出させます。靴は低めのヒール、ストッキングは肌に近いものが適しています。